2018年11月12日

素晴らしきSFCC

 懐かしいけどあまり知られてないけど、私が好きなSFCソフトを紹介しています。
 前回はヴェルヌワールドでした。
 今回はダンクエストです。
 発売元はテクノスジャパン。

●「生きている」世界観を感じるダンクエスト
 このソフトはサークルの先輩に、「なんかはまるよ」と言われて遊びました。
 まず、ドット絵が非常に綺麗です。SFCのソフトはメーカーによってクオリティにかなり差が出るのも面白いです。
 バトルは敵がアクティブに動くアクションタイプですが、アクションが苦手でも結構大丈夫です。
 自分が強くなると、敵によってはダメージを受けなくなります。
 また、ダンジョン内探索なのでアイテムが落ちていたり、ワープがあったり回復の泉水があったり。 
 上り下りする階段があるのは、まるでトルネコやシレンを彷彿とさせます。
 ダンジョン内でダメージを受けるとHP(ヒットポイント)が下がりますが、一度ダンジョンを出るとHPが全て回復します。

 ここの主人公は王様の「おふれ」に応募した冒険者です。
 行動するのは主人公1人だけで、仲間と協力することはありません。周りの張り紙や町の人がヒントをくれて冒険をするので、それらのメッセージや言葉は常にチェックする必要があります。
 また、持つ武器や防具もそれぞれに熟練度があったりして、戦う度に強くなります。
 防具に関しては攻撃を受けないと強くならないので、そういうところも凝っています。
 強い武器を手に入れたとしても、「熟練度」が少ないものは最初はあまり強くありません。
 なので既に慣れた弱い武器の方が強かったりして、うまく「熟練度をあげる」ために自分で使い分けたりするなどの「手作業感」も楽しめます。
 ちなみに登場ダンジョンは少ないですが、階層が深いのでけっこうやりこめます。

そしてこのソフトには、マザー2と類似したところが一点あります。
 それは、非常に細かいところまで練られた(無駄・意味のないものも含む)テキストが満載なところです
 家の窓、鏡、壺、タンス等はもちろん、町や城の壁の御触書や人々の会話等、ボタンを押すとメッセージテキストが色んな所から頻繁に出てくるという懲りよう。
 その内容がとてもバカバカし・・いえ、楽しい物が多くて、けっこう飽きません(^^)
 主人公は無口ではないので、人やメッセージに時折答えたりしたりして、「生きてる」感じがして面白いです。また、町に出てくる人たちそれぞれに物語があったりして、彼らも自分と一緒に変化している状況も楽しめます。
 狭い世界ながらも、住人達の成長や新しい行動、それに伴う主人公である自分の変化など。
 広い世界もいいですが、狭い世界で住民達と一緒に成長していくのも面白いですね(^w^)

 また、主人公と同じ冒険者の「ある」少女が出てきます。
 少女と主人公とはゲーム内で色々と関わってきます。
 おそらく彼女が「ヒロイン」的な立ち位置なんでしょうが、直接的に関わらない立ち位置にいます。
 それでもヒロインっぽいことになっていくのが面白いです。

●慣れる必要があるものもいくつか。
 このダンクエスト、ちょっとくせがあります。
 まず町にある家に入るときですが、下方向から上に向かって扉に入りますが、家の中は上の扉から下に向かって入るようになっています。ちょっとこんがらがります。
 またキーコンフィグ(操作法)はBボタンがOK、YボタンがNOです。
 通常はAがOK、BがNOなので、慣れが必要です。
 階段は四方どこからでも上り下り出来るわけではなく、階段の登る方向、下りる方向から入らないと上り下り出来ません。
 
 でも慣れると気にならなくなるものばかりです。
 「1人で冒険する」楽しさを十分味わえる内容になっています。
 重い使命感を請け負わない、緩い感じの冒険をしたい方にはオススメです(^w^)v
 
Cダンクエストは「生活感溢れる探索物語」という感じがしますね。

posted by エイト(こまめ) at 03:18| Comment(0) | SFC

2018年09月07日

すばらしきSFCB

前のスーファミオススメソフト紹介からなんと一年が経ってしまいました。
これではいけません。なので、次のおすすめを紹介したいと思います。
私はゲームサークルで先輩と2人で「SFC」のパズルとRPG担当だったので、RPGはかなり遊んだ印象があります。先輩はアクション系が得意だったのですが、私はそうでもなかったので普通のRPGをすることが多かったです。当時はすでにスーファミ全盛期ではなかったので中古でソフトを手に入れることが出来た、有り難い時代でした。

ただ、作品としては非常にマニアックなものが好きだったので、王道はもちろんですが多くの人が「そんなのあったの?」というゲームがけっこうツボにはまったりしていました。
なのでここではけっこう知られていないソフトを紹介していこうと思います。

●あの世界観が楽しめるソフト「ヴェルヌワールド」
 ジュール・ヴェルヌという小説家の作品を、テーマパークにしたそれはそれは贅沢なゲーム、ヴェルヌワールド。作品は「十五少年漂流記」、「海底二万マイル」、「80日間世界一周」など、児童文学や冒険小説が好きな人なら知っているものばかりです。
 このゲーム、スーファミの王道的な作りの可愛らしいドット絵で、最初からその世界観とキャラにはまってしまってかなり長く楽しめました。
 内容としては、主人公の少年少女達が、テーマパーク内に閉じこめられるところから話が始まります。
 各アトラクションが小説の数だけあるので、けっこうやりこめます。
 で、戦う登場人物達がみんなスポーツなどをしているので、それにあった武器を店で買い、敵と戦って強くなっていきます。お約束的なのは、売店では「今いる」戦闘要因用の武器・防具が売っていること。
 戦闘のテンポもいいので、けっこうさくさく進みます。

 このゲーム一つ難点があるとすれば、あるボスのHPが異様に多いことと、主人公の少年のある技のからぶり率が、マザー2のスリングショット、肩に力バット並にはげしいことです。
 攻撃の値が大きいだけに、その博打率が非常に微妙です。
 逆にヒロインの少女が非常に優秀で、彼女の方が命中率が良いという、主人公より使えるという有様。
 でもそんな理不尽なところもこのゲームの楽しいところです。

 オススメなのは戦闘時のアクション。動きがなかなかこっています。
 主人公の少年は剣道、弟はパチンコ。時にはスポーツ関係ない武器を使ったりします。
 個人的にツボなのはチェーンソーを使うときでしょうか。あれで戦うとはなかなかの子供達です。
 
 ジュール・ヴェルヌの小説の舞台が再現されているので、特に本書が好きな人にはお勧めだと思います。
 あと、特定の人の名前の変更が出来るのですが、主人公はデフォルトでユウくん、ヒロインの彼女はデフォルトでアイちゃんとなっています。ちょっと動物の森の映画を思い出してしまいました。

 私が個人的に気に入ってるのは、主人公の弟と、車いすの少女。
 特に車いすの少女はある意味「覚醒」するので、その変化も面白いです。

 今現在のゲームキャラみたいにアニメや実写っぽく動きませんが、それもまたスーファミ時代のいいところです。終わるまではちょっと時間がかかりますが、プレイ後の後味が非常にいいのもこのソフトの良いところです。

 内容が非常に良くできているので、手に入れることが出来たらぜひプレイしてみて欲しいですね。

 Bのゲームは、少年少女の冒険RPG。これにつきますね。
posted by エイト(こまめ) at 01:15| Comment(0) | SFC

2017年09月16日

すばらしきSFCA

ミニスーファミの予約発売がはじまり、どこも長蛇の列が出来たそうですね。
今も既に入手困難と言われていますが、言われてみれば私の周囲も今だミニファミコンを買えたという人を見たことがありません。スイッチもしかりですね。
ただ、私のお薦めタイトルはほとんど入っていないので、あとで追加ソフトを入れられたら完璧なんだろうなあ〜と思って、情報だけを見ています。
ミニファミコンも、ソフトをネットでダウンロード出来ればいいのにね。

では、オススメしたいSFCその2は、ヘラクレスの栄光4です。

●ヘラクレスの栄光は4が楽しい。
このソフト、1,2はファミコン、3はスーファミで、5はDSで出ていますが、圧倒的に4がいいです。と、思っています。3が好きという人も多いので、こちらも遊んでみるといいですが、4の方が楽しいかな。
このソフトはRPG好きの友人に勧められたもので、はまって3回くらい遊んでしまいました。
題名の通り、ギリシア神話とかオリンポスとか好きな人はきっと好きだと思います。
このソフトの制作会社はデータイーストという、今はもうない会社です。
こちらの会社にはSFCのパズルゲームソフト、マジカルドロップというタロットカードをキャラ元にしたものがあり、アーケードでもけっこう面白かった印象があります。
ただ、ヘラクレスの栄光もマジカルドロップも、それぞれ別の会社が権利を買ったので、続編が作られましたが、データイースト作の頃の作品がやっぱり面白いですね。
気づけば私自身この会社のソフトばかりを遊んでいましたね。なんていうか、すごくはまりました。
また後にオススメしたいソフト、メタルマックスシリーズもこの会社のソフトです(^^)v

さて、ヘラクレスの栄光4は、ヘラクレスの物語と思いきや、ヘラクレスが主人公ではありません。主人公はあくまでも自分ですが、それがヘラクレスとどう関わるかという物語になっています。
また、全作品中「4」は物語の前章、本編等、非常にわかりやすく構成されています。
内容的にもこちらは初心者でもかなり馴染みやすい作品になっています。
また、これが一番売りだと思うのですが、4独自のトランスファーシステム。
わけあって主人公には体がないので、乗り移りながら生きていくという斬新な設定。これは遊んでみなければその楽しさは分からないかもです(笑)
序盤のメー、メメメー、は衝撃です(>w<)b

私はこのトランスファーシステムのために3回も遊んでしまった・・と思います。
スーファミ全盛の頃は作成会社はほんと、色んなことを思いつくよなあと感銘をうけてました。
このころのゲームが今でも、最高だと未だに思っています。

@ではエストポリス伝記を紹介しました。こちらは愛と勇気のRPGです。
Aは探求と神話のRPGですね。

ゲームってほんと、いいですね★
posted by エイト(こまめ) at 22:04| Comment(0) | SFC